糖尿病・その他の生活習慣病

肥満でお困りの方へ

肥満でお困り方へ

近年、肥満は世界的な問題となっており、健康上のリスクとともに社会的な問題も引き起こしています。肥満は、糖尿病、高血圧、高脂血症、心疾患などのリスクを増大させるほか、睡眠時無呼吸症候群や骨・関節疾患、月経異常といった様々な健康被害の原因となります。当院では生活習慣病の専門家が、それぞれの患者さんに適した治療法を提案します。

当院の肥満治療
 まず糖尿病・高血圧・脂質異常症などの治療が必要な病気がないかを検査します。肥満症に対しては生活習慣の指導(食事・運動のアドバイス)に加えて、ご希望の方は薬物治療を行います。2型糖尿病の方は、保険診療で使用可能なGLP-1受容体作動薬やSGLT2阻害薬などの体重減量効果の期待できる治療薬を提案致します。2型糖尿病ではない方で、薬物治療をご希望される場合は自費治療になります。当院での薬物治療の対象はBMI25以上とさせて頂きます。

当院で使用する薬剤
 GLP-1受容体作動薬の注射薬もしくは内服薬を使用します。GLP-1は食欲や胃の蠕動運動の抑制作用があり、体重減少が期待できます。
 当院で使用するGLP-1受容体作動薬は欧米では肥満治療薬として承認されていますが、日本国内では肥満治療に対する承認が得られておらりません。ご理解の上で使用頂くようお願い致します。
(2023年3月27日に新たに「肥満症」に対する治療薬「ウゴービ」が承認されました。治療が受けられる方には厳しい制限がありますが、糖尿病がなくても肥満治療を保険で受けて頂けます。詳しくはこちら

肥満治療の流れ
初回:問診・診察・検査・食事運動指導
2回目:検査結果説明、治療薬の選定
3回目以降:効果判定、副作用の有無の確認、薬剤の容量変更検討
適宜血液検査で副作用の確認や、栄養士による栄養指導を実施します。2型糖尿病の方は保険診療となります。保険適応が無い方は自費治療となります。費用は使用する薬剤や容量によって異なります。内服薬で月10000~30000円程度、注射薬で月13000~55000円程度の費用が掛かります。
保険診療が適応される場合があるため、必ず保険証を持参下さい。


【注意事項】
GLP-1受容体作動薬には以下の副作用・リスクがあります。
ー胃部不快感、嘔気、頭痛、便秘、下痢、腹痛などの消化器症状が出ることがあります。その他低血糖や急性膵炎の報告もあります。
治療を続けていくことで症状が軽減されていきますが、副作用が強い場合は医師にご相談ください。

PAGE TOP