クリニック開業日記②

2022年5月に平野区西脇に「やまおか内科クリニック」開院予定の山岡です。

現在電子カルテを選定しております。
一昔前は紙カルテが当たり前でしたが、病院やクリニックでは電子カルテが浸透してきています。
紙カルテは文字通り、紙のカルテ(ノートのようなもの)に、診察内容や結果をどんどん書き足していきますが、過去の診療記録や検査結果、処方内容を確認するのに手間がかかることが多いです。達筆の先生が記載されていた場合は内容を理解するのに時間がかかるときもあります。。。
そんなデメリットを解消したのが電子カルテになりますが、電子カルテにはサーバーをクリニックに設置する「オンプレミス型」と外部に設置されたサーバーを利用する「クラウド型」に分けられます。
最近ではこのクラウド型もカルテも増えてきています。
クラウド型カルテのメリットとしては

  • 常に最新バージョンのカルテにアップデートされる。
  • セキュリティーを確保したままクリニックの外から電子カルテを操作できる。
  • 院内にサーバーを設置する必要がなく、管理の手間が省ける。

等が挙げられます。
特に私がメリットに感じるのは「外部から電子カルテを操作できる」点かと思います。
当院では訪問診療を積極的に行う予定です。訪問先の患者さんの自宅でカルテを確認する必要があり、クラウド型カルテではそれが簡単にできます。
また夜間や外出先で緊急の問い合わせがあった場合も、クリニックに戻らずにカルテを確認できるため、患者さんの迅速な対応が可能となります。
そういった点から当院ではクラウド型カルテを導入予定です。
様々な会社がクラウド型カルテを提供しており、その中から私の診療に合ったカルテを選定しております。

先日近くを通ると、クリニックの入るビルの鉄骨が組みあがっていました。
周囲にあまり背の高い建物がない為かなり存在感がありますね。

完成図はこんな感じです。
平野区やその周辺の方から信頼されるかかりつけ医となれるように精進してまいります。

関連記事

  1. 間食を制すものは、ダイエットを制す!間食と血糖値の関係

  2. クリニック開業日記①

  3. クリニックのロゴを制作しました

  4. 内装工事も概ね完了です。クリニック開業日記⑨

  5. ドクターズファイルさんに取材して頂きました

  6. コロナ陽性者の自宅療養期間が短縮されました

PAGE TOP